地球防衛軍5

SOUND OFF

EDF 全地球防衛機構軍EDF

Soldier 兵科

特戦歩兵 レンジャー

EDFの主力となる陸戦歩兵部隊の総称。
火器の扱いに長けた戦闘のエキスパートであらゆる銃火器をつかいこなす。
「歩のない将棋は負け将棋」というが、まさに攻守にバランスの良い兵科であり、作戦遂行の中核をなすことの多い不可欠な存在。

民間人として戦闘に加わる姿
シリーズ初の新アクション『ダッシュ』

レンジャーの伝統的に低かった機動力をカバーするものであり、
アイテム回収や戦場でのポジショニングに於いて有効な能力となる。

降下翼兵 ウイングダイバー

フライトユニットを装備した飛行兵。
弾薬のいらないエネルギーウエポンを装備し、空中を移動しながら戦う女性だけで構成された精鋭部隊。
レンジャーに比べ、装甲は簡易的でほぼ存在しないため耐久力には劣るが、それをカバーして余りある機動力と強力な武器が魅力。

民間人として戦闘に加わる姿
シリーズ初の新アクション『ブースト』

ウイングダイバーの飛行時のブースト機能は、ショートレンジ武器使用時に敵との間合いを一気につめて接近したり、敵からの攻撃への緊急回避手段としても有効であろう。

二刀装甲兵 フェンサー

軍が開発した軍用外骨格「パワードスケルトン」を装着した強化された兵士。
腕力は1トンを超え、通常の歩兵では携帯不可能な重装備の形態が可能であり、戦車に近い火力を持つ。
フェンサー(剣士)の名前の由来は、彼らの装備「ブラストホールスピア」にある。

民間人として戦闘に加わる姿
接近戦用 突出系武器 スピア

回転しながら高速で突出され、あらゆる物体を貫通する機械式の槍。
槍の伸縮は一瞬で、肉眼では槍が伸びていることを確認するのが困難なほど素早い攻撃が可能だ。
射程が短い反面、破壊力は圧倒的で、複数の敵を同時に貫くこともできる。
盾をかまえながら攻撃することもできる。

接近戦用 打撃系武器 ハンマー

凄まじい振動を発生させて命中した物体だけでなく、その周囲一帯をも粉砕する超振動発生装置を内蔵したハンマー。
しかし、超振動は物体を伝わって広がるため、空中の敵への効果は期待できない。
ハンマーの出力は数段階に調節可能で、最大まで出力を上昇させれば、インパクト時に爆発を引き起こすほどのパワーを発揮する。

盾 シールド

特殊合金製の盾で優れた防御力を持ち、かまえている状態において受けたダメージを減少させる。
攻撃時に全身を使わねばならない武器では不可能だが、スピアなど片手で発射する武器の場合は、盾をかまえながら攻撃をすることができる。
しかし、攻撃を受け続けると熱量が上昇し、限界に達すると冷却が完了するまで使用不可能となる。

機関砲 ガトリング砲

パワードスケルトンによって携帯可能となった個人用の重火器。
初弾発射までに時間がかかる欠点があるが、そのぶん連射速度と破壊力は凄まじい。
“攻撃ボタン”を押し続けるとバレルが回転を始め、回転が一定の速度に達すると発射。
発射時には強い反動があり、射撃中に砲口がはね上がってしまうため、手動で狙いを調整しながら射撃しなければならない。

火砲 キャノン砲

貫通力に優れた特殊砲弾を発射する個人用の重火砲。
個人用としては最大級の兵器であり、その重量はパワードスケルトンを装着した状態であっても「かろうじて運搬可能」というレベルである。
大口径であるため、生身の人間なら発射時の反動だけで重傷を負いかねない。
パワードスケルトンが反動を吸収するものの、それでも衝撃吸収の時間が必要であり、その間は無防備な状態となる。
射撃すると砲口がはね上がり照準がずれてしまうため、再度射撃する時は手動で狙いを調整しなければならない。

作戦を共にする精鋭フェンサー部隊「グリムリーパー」