NINTENDO SWITCH

ABOUT

ABOUT

現実世界と幻覚世界、2つの世界を行き来しながら物語を進めていくNintendo Switch用ソフト『Disease -ディジーズ-』。幻覚と幻聴に悩まされて医師免許を剥奪された主人公が、荒れ果てた廃病院で謎解きとアイテム探しを行いつつ、各所に散りばめられた資料を集め、病院の真相を明らかにしていくホラーアドベンチャーゲームです。

STORY

目に映るのは現実なのか、幻覚なのか。 元医師は、自分自身を疑いながら 2つの世界を彷徨い歩く──。

  • 精神疾患による幻覚と幻聴で医師免許を剥奪された主人公。

    医師免許を取り戻すため、主人公は元上司から依頼された仕事を請けることにする。
    それは、ある廃病院から医療品や資料を回収することだった。

    複雑なことなど何もない、簡単な作業。
    しかし院内で探索を始めた主人公は、いつも以上の不調に襲われてしまう。

    謎の猫。
    今までと異なる幻覚。
    描いた覚えのないメモ。

    病院の不気味な謎、不可解な資料、そこにいた人たちの物語。

    自分自身の頭の中を疑いながら、主人公はおぞましい真相に迫っていく。

SYSTEM

現実世界と幻覚世界。境界のあいまいな2つの世界が舞台。

物語の舞台は不気味な廃病院。主人公は病院を探索しながら、そこにいた人々の物語、病院を包む謎を解明していく。ときおり、主人公は現実ではない世界に迷い込む。それは主人公の精神が見せる幻覚なのか、それとも……。

メモ帳を手がかりに医療品や資料を探索。描いた記憶の無い、不可解なアイテムも……?

各ステージでは、主人公がメモ帳に記したイラストを手がかりに、古びた医療品や資料を集めていく。しかし、メモ帳には描いた記憶の無いイラストが現れることも。……主人公が無意識に描いているのだろうか?

  • 発見した資料と推理力が鍵となる、
    手ごわい謎を解明しよう。

    アイテムの探索だけでは真相はつかめない。ときには、発見した資料をヒントに思考をめぐらせ、謎を解き明かす必要がある。ヒントとなる資料は、同じステージ内にあるとは限らない。プレイヤーの注意力、推理力が鍵となる。

  • 探索を手助けしてくれる「相棒

    院内に入った時から主人公についてくる猫。
    高い場所や狭い場所などに手が届かない時は、手助けを頼んでみよう。
    Yボタン(又は画面をロングタップ)で指示出しモードに切り替えられる。
    (猫への指示出しは2Pコントローラーでも可能)

日記や手紙などの多数の資料が、廃病院にたちこめる闇を露わにする。

院内には多数の文章や画像が残されている。これらの資料は謎解きのヒントになるほか、集めて読み進めていくことで、廃病院で行われていたことが徐々に明らかになっていく。いったい、誰が何のために残した資料なのだろうか?そして、廃病院に隠された真実とは……。

  • マルチエンディング対応。
    とあるアイテムを全て集めると
    物語の真相が明らかに。

    複数のステージに現れる「人形」と、誰かの日記のような、独白のような、不思議な文章。これらを全て集めると、通常とは異なる結末を迎えることができる。全ての結末を迎えた時、物語の真相は明らかになるだろう。

SPEC

  • タイトル
    Disease -ディジーズ-
    プラットフォーム
    Nintendo Switch ダウンロード専用ソフト
    発売日
    2018年7月5日
    ジャンル
    ホラーアドベンチャー
    価格
    800円(税込)
    CERO
    C(15才以上対象)
    対応言語
    日本語/英語
    プレイモード
    TVモード、テーブルモード、携帯モード
    対応周辺機器
    Nintendo Switch Proコントローラー
    開発
    オペラハウス
    販売
    ディースリー・パブリッシャー
    コピーライト
    ©2018 OperaHouse Corporation
    ©2018 D3 PUBLISHER
  • パッケージ

    ご購入はこちら